武蔵野クリーンセンター 楽しめるゴミ処理場

9月5日の世界一受けたい授業に武蔵野クリーンセンターが特集されていました。

武蔵野クリーンセンターとは

武蔵野クリーンセンターは、武蔵野市内で発生する燃やすごみ、燃やさないごみ、粗大ごみ、有害ごみを受け入れている市内唯一のごみ処理施設です

災害時の電源供給
燃やした灰はエコセメントとして再利用

公式ホームページ

武蔵野クリーンセンター
武蔵野クリーンセンター

工場見学

工場棟の2階が見学者コースになっています。ガラス越しにプラント機械を見る事ができ、フロアを1周することで、ごみ処理の仕組みがわかるようになっています。見学時間中は予約不要で自由にご見学いただけます。
受付スタッフや貸出用タブレット、Pepper君が見学をサポートします。
貸出用タブレットの貸し出しは身分証明書の提示が必要です。

クリーンセンターの屋上にある生ごみたい肥を使った菜園「ベジタブルガーデン」と廃材や空き地の土を使った草地「リサイクルガーデン」の見学会なども開かれてます。

 

gomi_pit BAR(ごみピットバー)

「gomi_pit BAR(ごみピットバー)」は、武蔵野クリーンセンターの「可燃ごみピット」のガラス越しに武蔵野大学水谷俊博研究室製作のバーカウンターを設置して、24時間動き続けるごみクレーンを見ながら飲食できる期間限定のバーイベントです。平成30年12月から平成31年2月まで全5回開催しました。
全国産業観光推進協議会・公益社団法人日本観光振興協会主催の第13回産業観光まちづくり大賞の奨励賞を受賞しています。

地元のシェアキッチンMIDOLINO_(ミドリノ)による、廃棄されるゆずを活用したカクテル「ゆず廃ボール」をはじめとした、食品ロスや環境に配慮したメニュー、武蔵野市内のクラフトビール26Kなどを販売しました。
武蔵野市のホームページを参照しています。

コメント